医療事務 資格

医療事務資格を取る方法

当サイトでは医療事務の資格を取りたいという方のためにいろいろな情報を紹介しています。
医療事務の資格を取りたいという方の参考になれば幸いです。

おすすめの医療事務資格講座


医療事務の資格ぼ勉強は学校や通信講座などでできます。
さらにいろいろなスクールがありますから自分に合ったものや料金を考えて選ぶと良いと思います。
ここで便利なのが一括資料請求です。
学校や通信講座を行っているところの資料をまとめて請求できます。
たのまな 知名度実績のあるヒューマンアカデミーの通信講座

たのまなはヒューマンアカデミーが運営する通信講座です。
たのまなをここでピックアップして紹介したのは医療事務の講座がいくつかあるということです。
一度公式サイトで見ていただければと思いますがいくつかあります。
ですから自分に合ったものを選んで勉強するというのが良いのではないでしょうか。

 

たのまなはこちら⇒たのまな

シカトル 介護・福祉・医療に特化した資格情報サイト

シカトルは医療介護の資格を探せてまとめて資料請求できる比較サイトです。
医療事務でいえば日本医療事務協会、ニチイ、ヒューマンアカデミーなどの資料を請求できます。

 

入力までもわかりやすく簡単なので利用しやすいのではないでしょうか。

 

シカトルはこちら⇒医療・介護・癒しに関する資格講座情報・資料請求サイト「シカトル」

ケア資格ナビ 年間利用者100万人を突破している一括資料請求サービス

ケア資格ナビは全国の介護・福祉・医療系スクールの講座情報が揃っています。
年間利用者100万人を突破している実績のあるサービスです。
医療事務の資格講座も有名なところの講座が揃っています。
地域別に検索できるので便利だと思います。

 

ケア資格ナビの無料一括資料請求はこちら⇒>ケア資格ナビ 医療事務

ケイコとマナブ リクルートグループが運営する一括資料請求サービス

そこでおすすめなのがケイコとマナブの無料一括資料請求です。
ケイコとマナブはご存知の方も多いのではないでしょうか。
ちなみにリクルートグループが運営しています。
大手の学校や通信講座を行っているところの資料を一括で請求できます。
ヒューマンアカデミー、ユーキャン、ニチイなど大手の医療事務講座の資料をまとめて請求できます。
記入も簡単で電話番号を記入しなくても良いので変な勧誘電話もないですし抵抗なく資料を請求しやすいのではないでしょうか。

 

ケイコとマナブの無料一括資料請求はこちら⇒医療事務講座

医療事務の資格はいろいろある

医療事務の資格試験は、いろいろな団体や法人が主催しており、医療事務関係では10種類以上あります。
この原因は、これが、国家試験や公的試験による国家や都道府県の資格ではないからです。
これは漢字検定や英検のように「この人は、これだけの能力をもっています」ということを証明するためのものです。
それぞれの試験には特徴がありますので、医療事務の中での仕事(窓口、案内業務、会計、レセプト作成業務)のどれを中心に勉強するのか、将来どのような形で働きたいのかイメージして、受験準備をする必要があります。
この中1種類で、で国家認定資格で、医療保険制度や診療報酬や医学知識や介護保険制度など幅広い知識が必要な診療報酬請求事務能力認定試験があります。
これは医療機関からの信頼度は高いのですが、難しいので、ほかの試験に合格後受験すべきです。
その他に、メディカルクラーク検定(医療事務技能審査試験)があり、これには1級と2級があります。
これは(財)日本医療教育財団が主催する検定試験ですが、受験資格があるために、通信教育を受ける必要があります。
さらに、技能認定振興協会が実施している医療事務管理士検定があります。これも、通信教育を終えると在宅受験が出来ます。
他にも、よく似た検定がありますが、基礎知識の実につく基本的なものから勉強をし、さらに難易度の高い試験を受けてゆくべきです。

医療事務の仕事内容

医療事務の仕事は、毎日の「受付事務」と毎月の「保険請求業務」に大別できます。

 

「受付業務」とは、患者の応対、被保険者証の確認、患者情報の入力、窓口徴収などの窓口業務になり、具体的には来院した患者の受付、診療申込書に記入してもらう、被保険者証や医療の受給証明書の確認、カルテの上書き、診察券の発行、診療後の診療内容により診療費を算定、入力、領収書、明細書の発行、投薬がある場合の案内などです。その他、患者からの質問なども窓口で対応することがあります。ただし、診療内容や薬については医師や専門資格のある者に確認の上、説明しなければなりません。

 

「保険請求業務」とは、1か月分の診療内容を算定し、診療報酬明細書に記載するという業務になります。

 

医療機関では毎日の受付、診療、診療報酬の計算という仕事があり、患者から徴収しなかった医療費(保険者負担分、7割分など)はカルテをもとに1か月分をまとめて「診療報酬明細書」を作成し、決められた提出期間内に審査機関に提出して支払いを受けることになっています。

 

医療事務の仕事に就くためには、資格は必ず必要ではありませんが、保険制度や点数表の解釈などの知識が必要となり、社会保険が充実するにつれて医療においてもさまざまな法律の適用を受ける人が増え、医療事務の仕事も複雑になります。そのため医療事務の知識をつけてから業務に携わる、という人もいます。

おすすめはこちら


医療事務も人気ですが、こちらでは介護事務資格について紹介しています。